×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セックスレス 解消

セックスレスについて

セックスレス,原因,解消,夫婦仲

セックスレスは性交渉がないことだとほとんどの人は思っているかも知れませんが、日本性科学会では1994年に、「特殊な事情が認められないのにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上もなく、その後も長期にわたることが予想される場合」であると定義がされています。

 

このセクシャル・コンタクトには、キス、ペッティング、裸での同衾も含まれていますから、一般的に認識されている性交渉そのものが行われていないという意味ではないわけです。

 

2004年の厚生労働省と日本家族計画協会の共同調査では、夫婦間でのセックスレスの割合は、およそ30%とされており、年々増加傾向にあると言われています。高齢の夫婦を含むものの、一年以上性交渉がない夫婦が全体の20%程度です。

 

アメリカでは、性交渉が一年に10回を下回る夫婦をセックスレスと呼んでいます。1994年の調査では、20%ほどの夫婦がセックスレスと言われています。仮にセックスレスの定義をアメリカと同じようにすると日本で調査したら、半分程度の夫婦はセックスレスになるかもしれません。

 

諸外国と比較しても元々、日本の夫婦はセックスの回数が少ないといわれていますが、日本ではキスやハグなどの習慣がないのも、セックスレスに拍車をかけていると言えるでしょう。

 

たとえセックスレスであっても夫婦がお互いに不満を持っていないなら何も問題はありません。しかし、セックスレスというのは、不倫、家庭不和、家庭内暴力の原因にもなっているので、どちらかがセックスレスに不満を持っている場合は、解決の努力が必要になります

 

家事や育児、仕事で疲れてセックスはしたくなくても、キスや抱きしめ合うことにそれほどの時間はかからないはずです。いくつになっても、夫婦間のふれあい、スキンシップは大切となってくるのでお互いの努力が必要となります。


セックスレスの原因

セックスレス,原因,解消,夫婦仲

セックスレスの原因となっているものとして考えられるのが、勃起不全のような肉体的な原因や精神的な原因です。セックスレスの原因として考えられる男性の勃起障害や女性の性交痛は、薬や潤滑剤を使うことで簡単に解決できることもあります。

 

しかし、セックスレスの原因が性欲減退や性的嫌悪感など、精神的な原因でセックスレスの場合は、セックスレス解消までにかなり時間がかかる可能性が高いです。男性が原因でセックスレスになるケースの方が、女性が原因のセックスレスより倍近く多く、もっとも多いセックスレスの理由が性嫌悪症といわれています。

 

これは、どのようなものかというとある時期から妻に限って、セックスができなくなるという症状で、人によってはほとんど恐怖症に近くなってしまうこともあります。

 

症状が酷い場合は、キスやハグでさえ、ダメになることもあります。性嫌悪症は、妻に対する愛情が家族愛に変化してしまうことで近親相姦的な錯覚をおこすことが要因だと考えられています。

 

家族愛が強くなってしまった夫婦は、セックスレスだという以外は良好な関係の場合が多いのでセックスレスの治療に二人揃ってくるものの、途中で諦めて、二割程度は離婚してしまうこともあるようです。

 

セックスに関する悩みは夫婦だけで悩んでいても、解決できないので、できるだけ早めに日本性科学会会員のセックス・カウンセラーやセックス・セラピストに相談するようにしましょう。セックスレスは専門家に相談することで、気持ちが楽になり、セックスに対する認識が変わったりするかもしれません。セックスは愛情表現の一つですから、お互いに満足できるよう努めていくことが必要です。